アクチュアリー試験の個別指導講座ならアクチュアリー・ゼミナール

アクチュアリー正会員がアクチュアリー試験などの金融資格や大学受験数学、公務員試験などをご指導します。

0000496904.jpg

ホーム ≫ アニメーション解説(アクチュアリー試験)

アクチュアリー試験過去問のアニメーション解説

【アクチュアリー試験過去問解説】平成28年度数学 問題1(2)

W=min(X,Y)と確率変数を定義した場合の、期待値と分散を求める問題です。
 

コメント